値段で選ぶ


    花嫁
  • 冠婚葬祭のマナーは色々ありますが、服装についてのマナーは目立つ分、特に守りたいものです。
    結婚式に用いる服装などは、色々と制約があって難しい物。
    参列者側の立場に立って見ると、女性が用いてはいけない色は白や薄い色味。
    白は花嫁の色ですので、白いドレスなど言語道断です。
    薄い黄色やピンクは写真写りによっては白く見えてしまうので、避けた方が無難でしょう。
    夜の式であればイブニングドレスは正装ですが、昼の式では露出の高い物はマナー違反です。
    男性は黒が主流ですが、20代から30代の若い世代では、紺やチャコールグレーなどが人気ですし、マナー違反でもありません。
    あまり派手な色や形は、やはり花婿に対して失礼です。
    もちろん白やグレーも避けましょう。
    白はその日の主役の色です。

    自分で参列用の服を買うと、マナー違反になりそうで怖い。
    そんな時は、レンタルを利用してみてはどうでしょう。
    新郎新婦ばかりではなく、参列者用の衣装を貸してくれるサービスがあります。
    親族であれば留袖などは式場で借りることも出来ますので、相談してみるといいでしょう。
    購入と比較すればだいぶ安価で済みますし、女性の場合、その都度新しいパーティードレスで参加できると言うメリットがあります。
    例えば妊娠中に結婚式に招待されたら、マタニティ用のドレスを新しく買うよりは、借りてしまった方がお得です。
    最新のデザインや、ブランド物のドレスやスーツを貸してくれるサービスなどもありますし、ドレスのメンテナンスを考える必要もありません。
    注意点としては、アクセサリーや小物のレンタルサービスがオプションであるかどうかです。
    確認してから利用しましょう。